Python-xlwingsガイドは、Pythonのxlwingsライブラリをつかって、

PythonからのExcelの操作が自由自在にできるようになることを目標としています。

目 次

1. ワークブックを作成する
ワークブックを作成する

本章では、Pythonのxlwingsライブラリをつかって、ワークブックを作成します。

先ずは『Visual Studio Code』というテキストエディターのつかい方を説明し、

『print』コマンドをつかい『Visual Studio Code』上で文字を画面表示します。

そしてPythonのxlwingsライブラリにより実際にExcelを操作してみます。

 1 『Visual Studio Code』をつかう

 2 xlwingsをつかいWorkbookを新規作成しファイル保存

 3 xlwingsをつかい既存Workbookを読みこみファイル保存


2. セルの位置を指定する
セルの位置を指定する

本章では、Pythonのxlwingsライブラリをつかって、

セル番地によりセル位置を指定する方法と

行番号と列番号によりセル位置を指定する方法

について説明します。

 1 rangeのセル番地を直接指定

 2 rangeのセル番地を変数で指定

 3 rangeの行番号と列番号を直接指定

 4 rangeの行番号と列番号を変数で指定


3. ループ処理でセルに値を書きこむ
ループ処理でセルに値を書きこむ

本章では、ループ処理で多数行のセルに値を書きこむ方法と

ループ処理で多数列のセルに値を書きこむ方法について説明します。

この二つの方法を組み合わせれば、自由自在に多数行×多数列の

セルに値を書きこめるようになります。

 1 多数のセルの行番号と列番号を直接指定して値を書きこむ

 2 多数のセルの行番号と列番号を変数で指定して値を書きこむ

 3 ループ処理で多数行のセルに値を書きこむ

 4 ループ処理で多数列のセルに値を書きこむ

 5 ループ処理で多数行×多数列のセルに値を書きこむ


4. ループ処理でセルの値を読みとる
ループ処理でセルの値を読みとる

本章では、ループ処理で多数行のセルの値を読みとる方法と

ループ処理で多数列のセルの値を読みとる方法について説明します。

この二つの方法を組み合わせれば、自由自在に多数行×多数列の

セルの値を読みとれるようになります。

 1 多数のセルの行番号と列番号を直接指定して値を読みとる

 2 多数のセルの行番号と列番号を変数で指定して値を読みとる

 3 ループ処理で多数行のセルの値を読みとる

 4 ループ処理で多数列のセルの値を読みとる

 5 ループ処理で多数行×多数列のセルの値を読みとる


5. ループ処理でセルからセルへ値を代入する
ループ処理でセルからセルへ値を代入する

本章では、ループ処理で多数行のセルからセルへ値を代入する方法と

ループ処理で多数列のセルからセルへ値を代入する方法について説明します。

この二つの方法を組み合わせれば、自由自在に多数行×多数列の

セルからセルへの値の代入ができるようになります。

 1 セルからセルへ値を代入

 2 行のループ処理でセルからセルへ値を代入

 3 列のループ処理でセルからセルへ値を代入

 4 行×列のループ処理でセルからセルへ値を代入


6. 条件分岐処理でセルの操作を分ける
条件分岐処理でセルの操作を分ける

本章では、条件分岐処理をつかい条件によって処理を分ける方法について説明します。

if文、if_elif文、if_else文、and条件のif文、or条件のif文をつかいこなせば、

自由自在に条件分岐処理ができるようになります。

 1 もしA列がXのときはエックスを実行

 2 もしA列が、Xのときはエックス、Yのときはワイを実行

 3 もしA列が、Xのときはエックス、その他のときはソノタを実行

 4 もしA列がXかつB列がXのときはエックスを実行

 5 もしA列がXまたはB列がXのときはエックスを実行


7. 関数やプロパティ設定を使いこなす(未公開)
関数やプロパティ設定を使いこなす
(未公開)

本章では、セルの値を加工するための関数やプロパティの設定について説明します。

ブラケットLeft/Right/Midスライス書式、len関数、find関数、replace関数、

end(‘Up’)プロパティ、rowプロパティ、end(‘left’)プロパティ、columnプロパティ、

get_addressプロパティ等をつかいこなせば、自由自在にセルの値を加工することができるようになります。

 1 文字列の左端から一部の文字列を取得

 2 文字列の右端から一部の文字列を取得

 3 文字列の指定位置から指定文字分の文字列を取得

 4 三つの文字列取得関数をつかう

 5 文字列の指定位置から1文字を取得

 6 文字列の文字数を取得

 7 文字列のループで1文字ずつ分解

 8 文字が入っているセルの最大行を取得

 9 文字が入っているセルの最大列を取得

10 行のループで複数の文字列を連続分解

11 列のループで複数の文字列を連続分解

12 セル番地を取得

13 特定の文字列を指定文字列に置き換え

14 セル番地から英字の列名を取得

15 文字列の中で特定の文字の位置を取得

16 セルの書体を変更

17 セルの文字サイズを変更

18 セルを罫線で囲む




はじめに

 機械学習や人工知能(AI)ブームを受け人気が高いプログラミング言語Python

 一方、表計算ソフトの代名詞と言えるExcel

 Excel操作を自動化させる方法にはExcelそのものに標準装備されているマクロという手段もありますが、

 このセミナーでは、Pythonでプログラムを組んでから、そのプログラムを実行することでExcel操作を自動化します。

 PythonExcel操作を自動化すると、パソコン作業が劇的に効率化します。

 手作業で数日かかっていたようなExcelの操作でも、一瞬で完了することが可能になります。


 『Python-xlwingsガイド』は、Python-xlwingsからExcelを操作する

 プログラミングの基本書を目指しています。

 講義方式を取りながら、Python-xlwingsのプログラミング技術を一歩ずつ積み上げていき、

 セルを下方向に一行ずつ、あるいは、右方向に一列ずつ進めながら、セルの位置を指定し、

 場合によって、セルの値を読みとったり、書きこんだり、セルの書式を変更するというような

 Excelの操作が自由自在にできるようになることを、最終目標としています。


 本サイトを最初から最後まで読みながら実際にソースコードを書いて実行することを、繰り返し実践していただければ、

 Python-xlwingsをつかって、Excelを思いのままに動かす技術をマスターすることができます。

 その技術を学業や仕事に活かすことで、一人でも多くの方に、思いのままに明るい未来を創り出してもらえれば幸いです。




YouTube

Excelマクロの実用版とデモ版


ブログ